スポンサーリンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】ユンケルECプラス ハローキティ 96包
価格:3608円(税込、送料別) (2021/11/17時点)


スポンサーリンク

神主の子供の頃の自分。高校生から ホラー編。恐怖体験。

一つ前のブログでは、小さな女の子のお話。その子が成長して。高校生になってからのお話。ホラーな話も、不思議な話も満載。

さて 高校生になったkは、女子校へ通った。がその場所から 影響を受けてしまい、微熱との戦いになった。毎日微熱が続き、結局は最終的には入院へと。それも沢山の科を回され、約一ヶ月の入院になり、最終的にはお腹をきる!と言われ かもしれない話で言われたもので、嫌だと言って退院をしてきた。この時 自分では すこーしだけ何か変!と思っていた。が、親は何も思わないので、そのまま微熱でも学校へ通っていた。

部活を、初めて入る所もなく、走る部活へ入るようになり、身体を動かすようになり、微熱はなくなった。そのかわりに、家では毎日金縛りの日々が続いた。

金縛りというのは、普通疲れて脳の何かでなるかもしれないが、毎日、それも 金縛りしない日はないくらい 休みはなかった。どうせ親に言っても相手にしてくれないだろうと、誰に言わずに毎日それとの戦いをしていた。来る時はもう分かる感覚にて、キタキタ!と自分で思い、親指に力を入れる。そして一点集中的に力をエイ!っといれる。すると解けて、寝ることができる。がそれも、解けても 又 キタキタ!と二回目になる。その時も エイ!と力を指に入れて、解く。

これが三回目になると もう 無理。疲れたとそのまま されたままにして、寝てしまう。この繰り返しだった。大晦日では近くのお寺の除夜の鐘が怖く、遠くの方から鐘が聞こえると耳を塞ぎ、終わるまで布団を被っておびえていた。まず 除夜の鐘は大嫌いで 一度も行ったこともなく、家から絶対に出なかった。除夜の鐘の周りから何かが出てくるのを見てしまった高校生は 誰にも言えず 布団をかぶって 何年も繰り返していた。

終わればもうお正月気分なので 怖さは吹っ切れてしまう。が毎年 恐怖の時間だった。それからお寺は嫌いになって行った。

この金縛りは、部屋の下が仏間で もろ仏壇の上にペットを置いて寝ていた。のが、後から原因だと分かった。仏間の上は気をつけなければならない。移動するだけで、あの苦しみが とかれていたと思うと、もっと早く分かれば良かった。これは結婚して引越しをして一切金縛りとは縁側切れた時に、なんで?あ!!!そーか。と、誰に聞くわけでもなく自分で悟った。

高校二年生の時 夕方になると北の方角から 太鼓の音が聞こえてきた。夏の間には練習しているのだとばっかり思っていたが、冬になっても毎日毎日太鼓はなる。とても熱心だなと 思っていた。があるとき、兄が大学の休みで帰省した時、2階の廊下ですれ違い、その時聞いてみた。

あのさ、毎日太鼓の練習聞こえるんだけど、この裏そんなに家無いじゃん。その後ろ川だし。ほら!すごくない? 

何言ってるんだテメー  そんなの聞こえねーよ バーカ

かなり口は悪い。口以上に性格も悪い。

と言われ、え!?聞こえない?今鳴ってるじゃん!と思いつつ、外をジーッと見ても後ろには家が二、三軒しかなく、よーく耳を傾けて聴いてみると 川の向こうから聴こえる。川は 車で渡るくらいの大きな川である。その向こうをジーッとみるていると、まっすぐより左方向から聴こえているように見える。んー。どこだ? そこには、木が沢山あるような小山みたいになっている。高校生の自分ではそこに行く 頭はなかった。が その日から自分しか聴こえないんだと確信した。毎日毎日続くが、それを気にする性格でもなかったのと、ヘッドホンで夜はピアノの練習していたので、終わった頃には音もしていない。冬になり、春になり。

約一年くらいは鳴っていたと思う。ある春の朝、学校へ行く用意をしていると、家中大騒ぎが聞こえた。医師が来て何かをしている。

祖父が亡くなった。  かなり可愛がってくれた祖父だった。が 多感な思春期の自分はそれを受け入れる事も出来ず 何が起きたのか分からず、涙が一切出なかった。朝バタバタしているので、自分の部屋にこもっていた。その部屋には父が買ってくれたピンクのテレビが置いてある。お気に入りだった。それをぼーっと見ていると、急に画面が ジーーー!と黒くなり。

ん?壊れた?と思った瞬間に  下から 手が上に向かって 指をはうように動かしながら昇っていく。 じーーーーっと見ている。自分。ぼーっと上に行くのを、見ている。そしてその手は、気持ち悪く動かしながら、上に行くと画面から消えて行く。外には出ない。し  手だけ。

ひじまでの手が一旦上まで行って 消えて行ったら、テレビが元に戻り、画面が直る。   ちーーーん。   何だ?  手?何んだ?外でない? と思いながらも 言った言葉は。  で?それだけ? 思わず行ってしまった。待っても次は何もおこらず、又テレビが ジーーーーってなるのを少し待ったが ならない。 そこでまた、 それだけ?で、何? と声にして言ってしまった。

テレビから良く 映画では 出てくるのがあったが あれ見るたびに、出ない出ないと 呟いていた。電気からは 出てこない。絶対に。

今思えば、下で祖父が亡くなっていると、その家は喪中になる。魔は入っている。なんか来てもおかしくない。そーゆー時って来るんだって 思った。更に、ほかの人には何もなく、わかりやすい私に来たんだなーと。だって 微熱で学校必死にいくわ、入院するわ、毎日金縛りだわ、そりゃ なんか起きても仕方ない。

その日 親に テレビからね!手がジーーって  と話しても、それどころじゃない親は、全く耳を傾けてはくれず、そのまま自分で納めた。これはいつもの事なので、そんなに期待はしていなかったが、そりゃそーかと 受け入れた。そしてその日から太鼓の音は聴こえなくなった。

右手だった。ジーーーーーーー!!

微熱はそのまま続き、卒業を迎える一年前 又太鼓が聴こえるようになった。又だ。又聴こえる。 なんだろう。そんな日 少し胸騒ぎが起こり、夜中トイレに行った時、祖母の部屋を覗いた。すると祖母は苦しそうに倒れていたので、急いで親を起こし、救急車を呼んだ。あの時 胸騒ぎしていなければ、祖母は亡くなっていたと言われた。が 幸いにも助けてあげることができた。太鼓は鳴っていた。それからやはり数ヶ月は聴こえ、恵比寿様のお祭りの日 祖母は亡くなった。

その日を栄えに、又太鼓の音はしなくなった。やはり外を見ると、北より少し左の木のある所から聴こえていた。あそこなんなんだろう。でも 行かない。自転車で結構ありそうだったので、行くまでには行かなかった。

祖母は神社の娘として産まれ 嫁にきた。 恵比寿様のお祭りの日に亡くなるにも意味があるのかな〜と毎年お祭りの日になると思い出す。不思議な事あるんだなーと。

高校卒業前に車の免許を取った。そして車が乗れるようになった。そこで、今まで気になっていた、木の生い茂る所に行ってみた。何があるんだろう。するとそこは神社だった。あまり綺麗ではないが、神社で 一人で中に入ると、境内には誰もいなかった。本殿の前に行った時、太鼓が目に入った。上には、鳳凰の鳥がついていた。 この太鼓が鳴って聞こえたのかなあーと思った。でもなんで?なんだろう。と お参りをして帰った。

古い太鼓だが、こそだけ光って見えた。鳳凰だった。

家に戻り、母親に聞いた。今日、〇〇神社に行って来たんだけど、家と何かある?と言ってみた。

すると、何言ってるの?そこで名前つけてもらったんだよ。それから、うちは昔はそっちに代々住んでいたから、その神社の総代長やっていたんだよ。ひいおじいさんかその前からかなーー

嫁に来た母なので、聞いた事を言っているだけだったが、そーなんだ。そして、わたしの名前はそこで名前を頂いたんだ。祖父が名前をもらいに行った事も教えてもらった。縁があるんだ。と思った。 では、あそこで見た 太鼓は、わたしが聴いた太鼓だったんだ。と 確信した。祖父母の命を太鼓で教えてくれたんだと思った。85歳を超えて両方亡くって 長生きだったと思う。 ちなみにその神社は、ロウソクの燃えた後が垂れていて、前には お酒の俵があったが、そのままになっており、蜂がぶんぶん。御神楽では、ダンボールが山積みになっていて、 相当な汚さだった。が太鼓だけは光って見えていた。 その数年後20年後なのか、その神社は放火により全焼となった。がそれを聞いた時、仕方ないと思った。あれでは だめだとその時 の感覚ぎ蘇った。

車で道路を走る機会が増え、交差点や 路地などに子供の姿が視えるようになった。うずくまっている、姿など視えた。 その場所は 必ず事故があった所だった。 河原では 戦争の服で立ってる人も視え 肉体と同じように視えた。なんであの人あんな服着て、水見てるんだろうって思った。又、なんであの子あそこでしゃがんでるだろうと 思った。危ないなーひかれるちゃうよ!と思ったが、生きてないとは 思わなかった。後から、ん?まだいる。など 何回も遭遇すると、 あーーーそーかと やっとおもえた。

そんな時は、気にしないで誰にも話さず、自分の中で終わらせていた。そのうちそうしていくと、視えなくなって いなくなる。居なくなるではなく。自分のレベルが変わったから 焦点が合わなくなったからだと思う。

ある交差点では、大名行列がいきなり出てきて、大きな交差点を横切っていた。危ない!!お祭り?と思うも、信号が青になって車がそのまま走り出した時、自分は気づいた。 なんだ そっちか。と

何度もその交差点を通らないとならず、横には市役所。元城跡。そうか毎回毎回そーなるんだ。と思って、焦点を合わせないようにした。するとそれからその交差点では視えなくなった。

高速道路では、くろい人の形の影が横切っているのも 何度も視えたが、それも、居ない居ないと スイッチを変えると 視えなくなった。

が。悪い気の所は今でも眠くなる。それは受け入れて生きている。

家を除く女というのもいた。それは反対に顔を向いて、反対とは鉄棒で頭が下になっている。あんな感じであるが、反対になれば髪の毛は 鉄棒の時に下に落ちるはずだが、落ちない。

その時 わたしが呟いのは、 髪の毛 どうした!!これである。髪の毛下に垂れないの?と 家の中きら外からのぞいている 姿に呟いた。すると その姿は無くなった。その女は生きてる念だとその時思った。主人の女だなと、ふと感じた。生きてる念も 家の中には入ってこられないんだと思った。主人が入ると一緒にやってくる。それが一番厄介だった。外で待ってるとかはなく、一緒に帰宅してきた時もある。その時は、家 もう一度外に出てもらって、塩をかけ、それから入ってもらった。

仕事で研修に行った時も いきなりテレビが着くなどもあった。電気系統はすぐにくる。スイッチを、切り寝ると又つく。又スイッチを、切ると 又つく。なので、もうテレビ見ないー!と言うと 今度は ビデオ!と表示してくる。ビデオ見ない!と言うと、次はゲーム画面。ゲームしない!と言って、本電源コンセント🔌を抜いた。 もう手出しはできない。いい加減にして!と呟き寝る。 これは数回経験しているが、お決まりにら、ビデオ画面になるので、又ビデオ?と言った事もある。が、怖くはない。もしそんな事あったら、怖がらず、見ない!と叫ぶと 大丈夫である。少し良い部屋だったらそんな事はないが、研修などの場合はあまり良い場所ではないので、あるかもしれない。

他にも沢山 怖いゾーンの話はあるが、キリがないのでここまでにしょう。怖がらず、呟く。それが回避の方法である。

そーなのか。そーくるか。それで?なに?もういいかなーー

こんな ぼんやりな 感情が大事である。過剰な反応ではなく で?と言う気持ち。良く 小さなお子さんで、何か言って 親御さんが慌てて 連絡してくる方がいるが、それは マイナスになる。小さな子は 感じる子も多いが、それがどーした!的に考えないとならない。

そっか なんかあるんだな。でも いーや。知らない。 と反応しないのが一番である。子供は反応してくれるから、わざと言う時もある。これはほとんど嘘である。かまってほしい こんな時も 何か言ってくるので全てを鵜呑みにしないのが良い。

さて、生きていれば色々な事がある。が、それでもここまでやってこられたので、そんなに心配する事はなく、それでもなら、お祓い来てもらう、もしくはお祓いに行けばいいのである。

もっとのんびり どしっととらえて 楽しく生きるのが一番である

自分でスイッチ入れないやり方は わたしの経験を、次にブログに書きたいと思う。

一切今は視えない。それがいい。

ありがとうございました。

K

アメブロ KEI独り言 もやってます。

KEI独り言
けいさんのブログです。最近の記事は「ピンクレンジャーまめつぶ でのブログに移行すると思います。」です。

タイトルとURLをコピーしました